賃料収入リスクを軽減する|損をしないトーシンパートナーズで経営しよう

損をしないトーシンパートナーズで経営しよう

女の人

賃料収入リスクを軽減する

説明

賃貸経営をする上で、ネックとなるのが賃料収入を安定して得られるかどうかです。賃料収入を得られないとしても建物を維持するための費用は発生し続け、一定の賃料収入を得られることができなければ赤字となります。このため賃料収入は賃貸経営にとって最大のネックになります。そのためこの賃料収入のリスクを回避するものとして、サブリースがあります。サブリースは建物を直接、借り主に借りてもらうのではなく不動産会社やサブリース会社などに一括して借りてもらうというものです。これによって賃料はサブリース会社などから得ることができ、空室率に影響されることなく賃料収入を得ることができるというものです。また管理なども一括して委託するため賃貸経営の負担を軽減することができます。

サブリースを利用するメリットとしては、第一には空室リスクや滞納リスクが回避できるということです。サブリースとして借りた会社は、定められた賃料を支払うことになるので賃料の変動が発生しません。また実際に借りている人からの賃料回収はサブリース会社が行うべきことなので、滞納が発生した場合でも対応を行わなくても良いメリットがあります。このため管理業務を一括で任せることで、賃貸経営で必要な入居者との交渉など煩雑な業務を行わなくて済みます。また収入もサブリース会社から得るため税務処理が容易に行えるのも大きな魅力です。通常の契約では入居者から個別に賃料を回収しなければいけませんし、入退去時の精算業務も必要ですが、サブリースではそれらの業務を無くすことができます。